病気

  1. 病と付き合うとき#6

    二回目の脳内の異変で、病院に行った。今回は大変なことに成っていた。CTスキャン、MRI検査の結果、脳幹部で出血していることが判明した。直ぐ、ICUに入れられた。そんな大事だとは思ってもいなかった。右手が効かないのと、ふらついて歩…

  2. 病と付き合うとき#5

    若き日々の無茶苦茶の仕事の仕振り、そして、食生活のつけは確実に来た。後年の努力により、タイミングが、…

  3. 病と付き合うとき#4

    健康な体にして頂いたが、すっかり本来の性格が丸出しに成り始めた。自堕落で、享楽主義のところがある。特…

  4. 病と付き合うとき#3

    第二の転機となった成長ホルモン投与により、見る間に大人の体に変化していった。どんどん体力が拮…

  5. 病と付き合うとき #2

    虚弱体質で病気がちだった私に、小学三年生の時、第一の転機が訪れた。母が学校に頼み込んで、夏休みのプー…

  6. 病と付き合うとき #1

  7. 第7回 見た目

  8. 第6回 「安心」

  9. さくらちゃん、新たな一歩を踏み出せたよ!

  10. 第5回 がんがわかったとき

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#8

ガルシアは、治療の甲斐あって、徐々に体力を取り戻した。マイアミのニカラグア人コミュニテイーで、小規模…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第一話 「おたふく風邪と、あ・い・う・え・お」僕は、小学校3年生まで文字が読めなかった。言葉…

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「父の場合」#7

1980年8月、日本で世界選手権が開催された。最終番の日本対キューバ戦は最高潮で迎えられた。当日は、…

「ボールをどこに投げたらいいか?」

父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、…

ジャイアン②

私のある意味“すごい”特徴の一つに、「限りないうっかり者」があげられる。小学校の頃を思い返す…

【ヤッシーのきまま見聞録⑥】

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

PAGE TOP