貧困

  1. 「ボールをどこに投げたらいいか?」

    父は、少年野球のコーチでした。私も在籍したチームのコーチを25年もやった人でした。暑い日も寒い日も、1円の得にもならないことに、並々ならぬ情熱を注いだ人でした。以前書いたように、うちは貧困家庭でした。しかし父をうらむような気持ちは全…

  2. 「縁とも」のお一人、小宮さんの講演を聴いてきました

    少し前のことになりますが、「縁とも」のお一人、小宮位之さんの講演を聴いてきました。小宮さんは…

  3. あるホームヘルパーさんの肖像

    大島幸子さん(仮名)は今年80歳になるホームヘルパーさんです。前回「少女の笑顔が孤独な老人の心を救っ…

  4. 少女の笑顔が孤独な老人の心を救った

    原田雅夫さん(仮名)は、東京都内の生活困窮者支援の宿泊施設の入所者で、70代の方です。家族はなく、様…

  5. ホームレスの神様、路上生活の文殊様【後編】

    私は自分の体験から、困窮者・貧窮者への支援の思想・哲学に関心を抱くようになりました。その契機となった…

  6. ホームレスの神様、路上生活の文殊様【前編】

  7. 「何者でもなくても」

  8. 「年越し」と「かさじぞう」

  9. 「値千金」

  10. 「次の時代を担う君たちへ 誰かのために頑張れる自分がいる」

新着記事

家族の諸行(因縁によって生じたこの世の一切の事) 「母の場合」#1

母の葬儀は、高輪のお寺で営まれた。父が選んだ。幼いころから、女学生時代を過ごした、母にとり、芳しい思…

花を見る

初めて投稿させていただきます。大田区在住の【ワッペン】と申します。仕事はすでにリタイアして、この春か…

真っ暗な空にこそ、星は輝く 第2回

大人になってからADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された私が、子供の頃からの苦しい経験を振り返って…

井の中の蛙、迷子になってロングバケーション

今はロングバケーション。そう思いながら毎日をやり過ごしていた、私の20代最後の1年間。ハケン…

ヤッシーのきまま見聞録⑧

私の名前はヤッシー。会社人生は終わった人ですが、第二の人生はこれから。会社の重しが取れた身軽さで見た…

「がらがら本(ガラガラポン)」 ~はじめに言葉ありき~

第二話 「ひとつの何故が、無限の世界へ繋がる」小学三年生の時、今まで字が読めなくて悔しい思い…

PAGE TOP